カテゴリ

MasterCategory

応援宜しくお願いします。

 にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
 にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

 blogramによるブログ分析

ゆうちゃんはいくつ?

いつもありがとうございます。

最新記事

検索フォーム

Twitter

ぜひご参加ください(^_^)

双極性障がい(躁うつ病)

NPO法人ノーチラス会
双極性障害(そううつ病)の会。歴代の理事長は当事者の方々です。

シルバーリボン
脳や心に起因する疾患(障がい)およびメンタルヘルスへの理解を促進する運動です。

育児休暇について

アレルギー情報

読んだ本、これから読む本

応援ありがとうございます

お気に入りのブロガーさん

(あいうえお順、アルファベット、数字の順に表示しています)

著名投資家の名言集

株式チャート


株価ミニチャートのブログパーツ

株取引に役立つサービス

自立支援医療とは?

こんにちは、しんまいパパです。



うつ病により、現在精神科に通院中です。精神科のお薬の単価がとても高いと聞いた事がありましたが、診察代と、薬局の処方箋の領収書を見て、思わず「えっ!」と、驚いてしまいました。



「これからの治療の見通しが見えず、このまま病気が治るのか、もしこのまま治らなかったらいったいどうやって家族を養おう…」と、強い不安にかられていたところ、私がまだ元気に仕事をしていた時に、仕事で関わっていた精神に障がいをもった方達が、「自立支援医療」という制度を利用していたのを思い出しました。



自立支援医療」とは、精神科の通院に限り、医療費が3割から1割負担になる制度です。申請書は、役所の窓口(主に障がい福祉課)にあり、自分で記入する欄と、現在通院している病院の医師に記入してもらう欄があります。



申請が通ると、「自立支援医療受給者証」と、「自己負担上限額管理票」の2通が送られてきます。申請書にも書いてありますが、(これらが使える)精神科のある医療機関1か所と薬局1か所をあらかじめ自分で決めておく必要があります。



自分で指定した医療機関や薬局でしか使えません。あと、必ず毎回「自立支援医療受給者証」と、「自己負担上限額管理票」を医療機関と薬局で見せてください。




こちらが「自立支援医療受給者証」です。







「自己負担上限額管理票」です。







申請時に必要なのは、


医療保険被保険者証等の写し
(社会保険・国民健康保険の現在加入している方)


自立支援医療診断書
(病院によりますが、私の場合は5000円ほどかかりました)


自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
(役所の障がい福祉課の窓口でもらえます。ちなみに私は申請時にうつの症状で、書いてある内容が理解できなかったり、字が書けなくなっていたので、妻に代筆してもらいました。)


所得確認のための書類(源泉徴収票、区市町村民税課税・非課税証明書など)
 (区市町村民税課税・非課税証明書は、本来は発行するのに手数料がかかりますが、私の場合は、障がい福祉課で無料になる紙をもらいました)


印鑑


です。



申請から1~2か月で送られてきたと記憶してます(間違っていたらすみません)。





最初は正直申請することに抵抗をおぼえました。元気に仕事をしていた頃は「自分には関係ないな」としか思っていなかったからです。




ですが、発病後、病気がわたしに強い不安感を感じさせるのか、「将来の出ていくであろう、子どもの学費や老後の生活費を今のうちに貯めて、少しでも節約しておかないと…」という思いがあり、思い切って申請することにしました。




結果的には、医療費が安くなったので、そこがメリットです。ただし、受給者証をもらうまでのプロセスが大変で、書類を書いたり、役所に行くだけでも大変で、妻のサポートでなんとか申請、受給者証発行まですることができました。自分一人の力では申請することさえままならなかったと思います。



私のように、身内などに協力してもらえればまだ楽ですが、いない方は、役所の障がい福祉課の職員などに事情を話せば、大抵の事をしてくれますので、ご相談された方が良いと思います。


 ホーム