スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆とは?

未分類
08 /13 2014
こんにちは、しんまいパパです。



今日から16日まで「お盆」ですね。帰省されている方も
多いのではないでしょうか?



なので今日は、「お盆」について考えてみたいと思います。



お盆の正式名称は、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、
先祖の精霊を迎え追善の供養をする期間を「お盆」と呼びます。



「盂蘭盆会(うらぼんえ)」とは、インドのサンスクリット語の
ウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したもので、 転じて
逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要
という意味です。



仏教に於ける盂蘭盆(ウランバナ)の行事―地獄の苦しみを
うけている人々をこの世から供養することの功徳によって、
その苦しみを救いたいという行事―と、昔からの今の自分があるのは、
ご先祖さまのお陰であると感謝する先祖崇拝の心と合体したものが
お盆」です。



だいたい日本全国のお盆の流れは、

・7月または8月の13日より16日までの4日間をさします。

・13日の夕方に迎え火を焚き、先祖の霊を迎えます。

・期間中には僧侶を招きお経や飲食の供養をします。

・16日の夕方、送り火を焚き、御先祖さまにお帰りいただきます。

ではないでしょうか。



あと、お盆の時期に割り箸を4等分に割ったものを、
きゅうりとなすに刺して飾りますよね?
あの飾りは、「精霊馬(しょうりょううま)」と言い、意味は、

キュウリの例えで、
お盆のときに、少しでも早く迎えられるように

ナスを表現していて、
お盆が終わって、帰るときはのんびりと

との願いを表現しています。

精霊がキュウリの馬に乗り、牛には荷物を乗せて楽に帰れるように
という意味が込められているとも言われています。


地域ごとの形は多少違うかもしれませんが、
「ご先祖様に感謝し、故人を思い出す日」
という心は同じです。

関連記事

コメント

非公開コメント

おはようございます。
お盆の話ためになりますね。

ネリムさん、コメントありがとうございます。

また訪問させていただきますね。

しんまいパパ

お越しいただいてありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。