国民健康保険に変更する場合

未分類
07 /13 2014
条件
 日本国民は「国民皆保険」制度に守られているので、社会保険以外の方は、自動的に国民健康保険へ加入していることになります。



必要な書類
 ・資格喪失証明書(社会保険)

 ・雇用保険被保険者離職票

 ・雇用保険受給資格証

 ☆後日、ハローワークで「失業給付の受給期間の延長申請」等を行う時に使用するので、これらの書類のコピーをして持っておく事をお勧めします。



手続きについて
 お住まいの市区町村役場・国民健康保険の窓口



手続きの期限
 退職した日から14日以内




「国民健康保険」を選択した場合の保険料
 
前年の所得や保有財産などで計算されるので、固定資産税を払っている人は、保険料が高くなる可能性がでてきます。 市町村により計算方法が多少異なる場合があるので、まずは、市町村の窓口で問い合わせて、保険料がいくらになるかを聞くのをお勧めします。



・保険料の減額や免除

所得が一定金額以下になった場合⇒保険料が軽減

倒産などにより解雇された場合⇒保険料が減額

災害や病気などにより生活が著しく困難になった場合⇒保険料が免除



市区町村によって減額方法・減額割合は異なりますが、一般的には前年の世帯所得の水準世帯内の加入者数(世帯主を除く)によって減額割合が7割・5割・2割という段階で軽減されます。



支払いは、毎月でなく1年を9期で割って支払います。最近は、コンビニでも保険料を支払う事ができるようになったので、便利になりました。


関連記事

コメント

非公開コメント

しんまいパパ

お越しいただいてありがとうございます。