スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レメロンについて

未分類
10 /10 2015
こんばんは。しんまいパパです。



先日の通院で処方された「レメロン」についてです。



抗うつ剤の一つで、私の服用した感想としては、かなり強い効果があると思います。



飲み始めの1週間は半錠7.5mg




2週目からは1錠15mgを飲むようにと主治医から言われました。




眠気が強く表れ、飲み始めの一日目はどうしようもないくらい眠くて、一日中眠ってました。



常に頭がボーっとして、うつ状態からくる不安感を感じなくなるくらいです。



レメロンについて調べてみると、なんでもMANGA studyというテストで「一番効果が高い」と言われた薬の一つです(もう一つはリフレックス)。



効果が強い」「太る・眠くなる」という特徴がある薬です。



作用機序は、普通の抗うつ剤と違い、「ノルアドレナリンとセロトニンを増やすお薬」です。



ほとんどの抗うつ剤は「セロトニンの再取込を阻害する」ことでセロトニンを増やしますが、レメロンは「分泌量を増やすことで、セロトニンの濃度を上げる」薬です。



「セロトニンの再取込を阻害する」サインバルタと「セロトニンの濃度を上げる」レメロンを併用する処方を「カリフォルニアロケット」という2剤の相乗効果でロケットのように改善していく処方の仕方があります。



強い抗うつ効果と胃腸にもやさしいというメリットがある反面、強すぎてそう転する可能性があるというデメリットもあるそうです。



これらを考えると、私の主治医は「カリフォルニアロケットで今まで処方されているサインバルタと合わせることで強い抗うつ効果と、強い眠気により睡眠を深く取れるように処方した」と考えられます。



約2年間の通院で私自身に薬が効きにくい体質である事を指摘されました。



薬の効きにくさを例えると、薬の薬効成分が身体内の細胞壁に浸透するのに、壁が厚いので奥まで届きにくいようです。



レメロンは細胞壁内に深く取り込まれるので、私のような薬が効きにくい体質の人に効きやすいと考えられます。



このブログの記事は服用2日目の朝に作っていますが、中途覚醒で寝られません



私の場合は「カリフォルニアロケット」も効きにくいのでしょうか・・・



もうしばらく様子見をしたいと思います。



ちなみに、レメロンはまだジェネリックはまだなく、薬価は1錠15mgで171.20円という高い薬です。



関連記事

コメント

非公開コメント

しんまいパパ

お越しいただいてありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。