スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころの波は乗りきれるのか…

未分類
09 /25 2016
こんばんは。しんまいパパです。



昨日は明け方の3時まで部屋の片付けをしていました。



今までずっと要らないものはすべて断捨離しようとは思ってましたが、なかなかできずにいました。



その以前勤めていた職場の日誌や辞めた時の雇用保険の資格取得日の紙、過去の知り合いの手紙やアドレス帳などビリビリに破いて燃やせるごみの袋に詰め込みました。



私は以前から双極性障害の症状からくるのだと思いますが、環境などや周囲が変わり初めた時に、過去の友人や知人などの住所録など捨てて、部屋を片付けないと気がすまなくなります。



本当はお世話になった人などに連絡すべきとは思いますが、それが出来ないのです。



今日の記事のタイトル、「こころの波は乗りきれるのか」についてですが、現在は低め安定を意識するように、できるだけお散歩をしたり、たいした物ではないですが、もやしを使ったダイエットメニューを食べたりと、メタボのお腹からさようならするため頑張っています。




ても、時折頑張りすぎて身体が動けなくなるくらいまで歩いたり、疲れてくると急にうつの波が襲ってきたりします。



以前、役所主宰のイベントで「ラフターヨガ」というものに参加したことがあります。そこで習った呼吸法など日常生活にいかしていますが、それでもうつや躁の波を波を乗り越える事は難しいです。



先日ある双極性障害の方とうつ病の方の自助グループへ参加してきました。その参加者の方で、双極性障害2型の10年選手の方が言っていた事の中で印象的だった言葉があります。



「今までの人生、病気との関わりの中で感じた事など、病気をありのまま受け入れるしかない。何事も病気ありきで動いた方が生きてて楽なのかもしれない」と、おっしゃっていました。



私の場合は、病識を感じる時と感じない時があります。



家族に言われて「はっ」とすることもたびたびです。でも、小さい頃から抱えていた、こころの波を感じることで、社会復帰への第一歩をし始める良い機会にはなったと思います。



また自助グループへ参加して色々な方の経験を通じた何かを学んで来ようと思います。もちろん体調が良ければですが(笑)



拙く長い文章でしたが、読んでくださりありがとうございます。ここに書いてあることが偽りのない本当の気持ちです。


関連記事

コメント

非公開コメント

しんまいパパ

お越しいただいてありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。