縁は異なもの その3

ママとの結婚
11 /01 2016
前回からの続きです。




そのある事とは、読み手の皆さんがお察しの通りだと思います。




彼女から「お腹にあかちゃんができたみたい




という言葉を聞かされました。





私は驚きと同じくらい、うれしさと、気恥ずかしさもあり、複雑な感情が入り混じりました。




その後、産婦人科に行って「おめでたです」という言葉と、お腹の中のエコー写真を初めて見た時が「これから父親になるんだ」という事がとても不思議に思いました。




そんなまだ半信半疑という感じでいるなか、妊娠から7週目の検査で思わぬことがわかりました。




医師から「あかちゃんの背中にこぶのようなものがある」と言われたのです。




「時間が経過するごとに、(こぶが)縮小され、無くなる場合もありますが、今は経過を見ていきましょう」という事を言われました。




その頃、もう一つ気がかりな事がありました。それは、まだ彼女の家へ挨拶にも、結婚を考えている事を伝えていなかったのです。




普通に考えれば「順番が逆だろ!!」と思うのですが、よくいう「できちゃった婚」ではなく、元々私は彼女と結婚する意志だけはあったという事を誤解しないでください。




長くなるので、話はまた後日に・・・




最初からご覧いただけます⇒ 縁は異なもの その1




関連記事

コメント

非公開コメント

しんまいパパ

お越しいただいてありがとうございます。