縁は異なもの その6

ママとの結婚
11 /07 2016
新婚旅行当日は、彼女、じゃなかった、ママが大好きなイタリア料理屋さんで夕食を摂りました。




パスタやピザ、物凄く大きいチーズの「パルミジャーノ・レッジャーノ」というチーズを削ってサラダにかけてシーザーサラダにしてくれ、それが美味しかったり、スイーツの種類も多く、どれを選んで良いのか、わからないので、定番の「ティラミス」を頼みました。




ママは何のスイーツを食べてたか覚えていないようです(笑)




食事の後は中央高速恵那峡SAで一泊。その後は名神高速などを通り、伊勢湾岸道の途中の湾岸長島パーキングエリアで休憩がてら無料の足湯を楽しみました。




そこから一気に伊勢神宮の外宮と内宮と訪れました。




写真は外宮の入り口です。
s_画像 008



江戸時代には「お伊勢参り」という庶民にはそういう流行があり、一生に一度は行ってみたい場所だったようです。




伊勢神宮には行くまでの間にしきたりがあり、外宮から内宮行くのが正しい順序なので、それに従い参りました。




内宮に行く間にあります、おかげ横丁でお団子やおにぎり、松阪牛の竹串を買い食いしたり、地元名産の「さめのたれ」というもの干物を食べました。




味はあっさりしていて生臭かったり、サメ独特のアンモニア臭も無かっく、とてもたんぱくで美味しかったです。伊勢地方以外には山陰地方の一部が古くからサメを食べる習慣があるそうです。




スイーツは豆腐ドーナツとソフトクリームもとても美味しく食べ増した。




あと、、実家とママの実家に松阪牛を買って送ったりと、参拝すること以上に楽しみました。




内宮を奥まで進むと一般人には入れない聖域があって、そこからは特に霊感もない私が、空気の違いを感じました。




きっと祭神の天照大神が「日本人を守ってくれているのかな」と、勝手に思ってしまいました。




因みに伊勢神宮に祭られている神様は、「天照大神(あまてらすおおみかみ)」という、神様が祭られていて、常に日本を見守っている神様なので、お願い事をする場所ではなく、平和な世の中に感謝するところだそうです。




続きはまた・・・




最初からご覧いただけます⇒ 縁は異なもの その1




関連記事

コメント

非公開コメント

感謝

良い事教えていただきました
ありがとうございます。

Re: 感謝

> 良い事教えていただきました
> ありがとうございます。



こちらこそお褒めいただきありがとうございます。

何かのお役に立てれば嬉しいです。

しんまいパパ

お越しいただいてありがとうございます。