縁は異なもの その10

ママとの結婚
11 /24 2016
東京に戻る前に、あと2つ行きたいところがありました。




それは、島根県にある世界遺産の「石見銀山」と「松江城と堀川下り」です。




石見銀山は、当初の予定にはいっていませんでしたが、「ちょっと試しに行ってみよう」という事で、出かけてみました。




世界遺産センターの前に駐車しましたが、センターがちょうどお休みの日。




取りあえず、近くにいた人に行き方を聞いたら、「バスが出ているので、そちらにお乗りください。10分ほどかかります」




と教えてもらいました。




バスの運転手さんが




「(観光で)訪れていただきいたことに、大変ありがとうございます」




というご程寝な挨拶をしてくれました。気さくに話しやすい運転手さんでした。




「街の中はエリアが分かれていて、鉱山跡方面と街中を散策する主に2つのルートがあるが、結構距離があるので、電動自転車を借りていった方が良いですよ」




と教えてくれました。




運転手さんに教えてもらったとおり、自転車を借りて、まずが鉱山跡へレッツゴー。




ちょうどその時お昼時でお腹が減っていたので、鉱山跡の途中にある喫茶店で休憩することにしました。



s_画像 109



s_画像 107




s_画像 108



メニューはハンバーグカレーのセットを2つ頼みました。とても美味しく、店の中もウッディな感じでおしゃれな感じてす。




腹ごしらえしてから鉱山入り口まで向かいました。




5分ほど先で、結構長くゆるやかな道がしんどかったことを覚えています。ちなみに電動自転車はママ。私は予算の都合上普通の自転車でした。




鉱山入り口の途中でママが「変わった色のヤモリがいるよ」と教えてくれました。
s_画像 087



何という種類のものかは分かりませんが、何か貴重種のように見えました。




今回は「あかちゃんの縁を結ぶ旅」が主目的なので、その「吉兆かな」と勝手に思っていました。




鉱山入り口でチケットを買って、中に入る手前から中から冷気が感じられました。




「こういう風に昔の工夫たちは銀を採掘していたんだ」




と、とても勉強になりました。




今度は街並みの散策の話をしたいですが、続きはこの辺で(^_^)




最初からご覧いただけます⇒ 縁は異なもの その1




関連記事

コメント

非公開コメント

しんまいパパ

お越しいただいてありがとうございます。