スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波が感じられないフラット状態

双極性障がい2型
12 /20 2016
双極性障がいは、日によって精神の波、変動幅があり、そこが私を含めた患者たちの困ったところでもあります。




元気でどんなに動き回っても、疲れ知らずの「躁状態」と落ち込みがハンパなく、時に「自分なんかこの世にいなければ良いんだ」と感じる「うつ状態」があります。




しかし、その両方ともあまり感じられない、波がさざ波程度の時があります。その状態を「フラットな状態」と言います。




精神障がいで気分が上がったり下がったりしている時は、一番つらいのは本人ですが、じつは周りにいる家族や職場の同僚、友人なども、どう接していいのかわからずにつらい時もあると思います。




フラットな状態では、イライラや落ち込みなど感じないので、薬の影響で身体がだるかったりはしますが、健常者と何一つ遜色なく社会生活が遅れます。車の運転もできます。




このフラットな状態が一番理想的なのですが、これをキープするのは至難の業です。




早く社会復帰してゆうちゃんに外で働いているパパを見せたいだけに、フラットな状態のキープの方法を模索している最中です。




ただし、この記事を書いている今の私は、躁状態です(^_^)



関連記事

コメント

非公開コメント

こんにちは

心は波がありますからね。
常に保ったりするのは難しいから、無理しすぎないように生活していけれたら最高でしょうねぇ(・。・)
そんな夢を抱いたっていいんじゃないでしょうかねぇ~。

Re: こんにちは

心の波は制御ができないこともありますよね。

薬の力に頼らないと維持できないです。

でも、自分の力で何とかしたいですよね(^_^)




> 心は波がありますからね。
> 常に保ったりするのは難しいから、無理しすぎないように生活していけれたら最高でしょうねぇ(・。・)
> そんな夢を抱いたっていいんじゃないでしょうかねぇ~。

こんばんは

ホント、心は制御できない事だってありますよね。
心が制御できたらうつとかには誰もなったりしないですもんね。
自分の力でなんとかできたら、確かに嬉しいでしょうね(^-^)

しんまいパパ

お越しいただいてありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。