スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の通院

双極性障がい2型
01 /07 2017
今年初めて、クリニックに行きました。




年明けで、体調の悪い人も多く、待合室は大変混んでいました。




私の通っているクリニックは、サラリーマンや主婦の方など一見健常者に見られる方達が多く、普通に街にいるような人達です。




大きな病院、特に精神科を併設しているところは、統合失調症や発達障がいの方が多く見受けられ、患者の様子も異なります。




でも、一つ言えるのは、どの病院の患者さんも疲れてぐったりしている人達が多い事です。




病気の症状や薬の副作用だと思われますが、様子はどこも同じです。




今でこそ私も良い薬とカウンセラー、主治医に恵まれて、少しずつですが、症状がだいぶ改善されてきましたが、通院開始したぐらいが一番強烈なうつ状態でした。




ここまでの道のりは、とても遠く感じましたが、家族、特に妻やゆうちゃんに支えられて今に至ります。




今日は、失業給付の解除申請の書類を主治医に書いてもらいました。まだ障がい年金の支給決定が決まったわけでないので、先々の車のローンやゆうちゃんの学資、幼稚園代など直近でお金が必要になります。




年金の受給が今年の2月で終わってしまいます。そのせいか、常にイライラやソワソワ感があります。




頓服でクエチアピンを処方してもらいましたが、まだ服用していないので、その効果は未知数です。




まとまりのない文章になりましたが、障がい年金の支給がどうなるのかが、今一番の心配事です・・・。



関連記事

コメント

非公開コメント

しんまいパパ

お越しいただいてありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。