失業給付の延長解除

双極性障がい2型
01 /10 2017
今日は雇用保険の「失業給付延長の解除申請」をしてきました。




失業給付の受給を3年間延長できますが、その期限が近づいてきたのと、そろそろ就職活動する時期なのかなという事、障がい年金が切られて、無収入になるリスクを考えた上での決断でした。




障がい年金の給付が受けられない可能性がある中、ゆうちゃんの幼稚園代だけは、何としても確保したいので、その事が一番の動機です。




ハローワークについて、雇用給付課で延長解除の手続きをして、その後、もらった書類を専門援助部門の「障がい者相談窓口」へ持っていき、求人登録をしました。同時に「ハローワークカード」を作りました。




給付を受けるまでには、解除申請をした後、「雇用保険受給資格者のしおり」というものを渡され、指定された日に、それと「失業認定申告書」や印鑑、筆記用具、マイナンバーなどを持って雇用保険の合同説明会に参加します。




その後に「受給資格者証」という書類をもらい、専門援助部門に行き、合同説明会に参加したことを伝えないといけません。




「求職活動」という実績がないと、認定日に行っても求職活動をした事が認められず、失業給付を受け取る事ができません。




取りあえず、今日は上記の内容の説明と手続きを行いました。




詳細な内容は、「雇用保険の合同説明会」が終わったら、アップしようと思います。



関連記事

コメント

非公開コメント

しんまいパパ

お越しいただいてありがとうございます。